2010年12月20日

JRがまともに運行する日は少ない

 JRという電車程定時運行できない電車はないだろう。以前にもこの話題に触れたが、あまりにも多すぎる。簡単に整理すると、最も起こりやすいアクシデントは、「急病人の発生」である。この介助に少なくとも20分を要する。
 私の乗るJR琵琶湖線は、最長で播州赤穂(兵庫県)〜敦賀(福井県)まで走るため、この急病人が各県でモグラ叩きのように発生し続ける訳である。私が記憶する限り、その次に多いアクシデントは下記のとおりである。
 

A人身事故
B(人身事故以外の)線路内の人の立ち入り
C踏み切りや高架への車やトラックの激突
D痴漢やいい争いなどのもめ事
E天候、動物の出没、その他



電車営業の私は、南海や阪急、阪神、近鉄、京阪、地下鉄なども同じくらいの頻度で乗車するが、このようなダイヤの乱れは、京阪で人身事故が1回あった程度である。しかもこの10年間でその1回程度である。京都市内に住んでいれば、京阪や阪急などの私鉄での振り替え輸送が行われるが、滋賀県人の私はJRしか乗れないため、このようなダイヤの乱れには黙って耐えるしか無い。
 それにしても私鉄で殆ど耳にしない「急病人」が、週に何度も出没するのだろうか?実に疑問である。自殺の人は鉄道に身を投げる前に、命の尊さと共に遺族やダイヤの乱れに巻き込まれる人間の迷惑を考えて欲しい。Cはドライバーの方々は運転には充分に注意を払って欲しい。Dのようなもめごとは電車内では謹んで欲しい。Eは乗車する人間にはどうしようもないことなので仕方ないだろう。



posted by 五条裕太 at 21:47| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

大阪駅がパワーアップ

 数年前に京都駅ビルが完成して以来、古臭いイメージだった京都駅が生まれ変わった。最近大阪駅でもコンコースの設置工事を行っていたので、完成を楽しみにしていた中、今月に入って一部が完成した。これまで大阪駅は地下出口はあったものの、陸橋を上がって乗り場を変えるのは無かったので、実に新鮮に感じている。
 まだ工事中の状況が残っているが、コンコースからの大阪駅周辺の見晴らしは素晴らしい。違う土地の駅に居るようで、不思議な気分である。今月オープンとあって、鉄道マニア達がコンコースやそこからの景色を写真に撮っていたので、私も真似して形態で撮ってみたのが添付の写真である。
 大阪駅のラッシュアワーの時間帯は人が多過ぎるため、違う番線に移るのに時間を要する。このコンコースの完成で、人の動きが多少分散される点にも期待できる。今後できるかも知れないが、同コンコース内に売店やトイレがあれば言うこと無しである。

大阪駅.jpg

大阪駅A.jpg
posted by 五条裕太 at 20:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

みどりの窓口に並ぶ煩わしさを知る

 最近「並ぶ」ことにへのストレスから開放されるため、銀行のATMやJRのみどりの窓口はなるべく使わないようにしている。前者はネットバンキングの活用で、振込みを行い、後者はイコカやJ-Westカードを用いることで、みどりの窓口や自販機を使う頻度を下げている。
 ご存知イコカは関東版のスイカと同様の電子マネーであり、予めキャッシュやクレジットによるデポジットにより、わざわざ切符を購入することなくカードによる自動改札への1タッチで駅に入場できる。最近流行のお財布携帯の方が遥かに便利であるとの考えもあるが、私自身、携帯を3度も紛失したことがある経験を踏まえ、そのリスクを分散させるために、電子マネー系カードを選択している訳である。
 J-Westカードも実に便利なカードで、携帯やPCから事前に予約し、カードで支払いを決済しておくことで、専用のカードをやはり自動改札に1タッチで駅に入場でき、新幹線や在来特急に載れる仕組みだ。このようにこれらのカードを用いることで、西日本内でのJRの移動は、もはやみどりの窓口や自販機を使わずとも可能である。
 しかしどうしても使わねばならない場合として、回数券の購入が挙げられる。一般的には自販機でも購入できるが、

@現金又は(今時)オレンジカードを必要とする機種しかない場合がある。
Aみどりの窓口のものより、切符の大きさが小さくなる。

 →小さいので紛失の恐れがある。

以上の理由から回数券だけはみどりの窓口で購入せざるを得ない。昼間の京都駅であれば、並ばずとも購入できることもあるが、大阪駅のみどりの窓口は慢性的な渋滞である。
 実は今日会社で仕事を終えて、返ろうとすたら丁度回数券を切らせてしまった。仕方なくみどりの窓口へ行くと、前に7〜8人の客が待っていた。比較的若い世代の客は、乗る電車やその時刻を調べ上げていることが多かったり、すぐに乗れるものをあっさりと決めることが多いので、その窓口が込むことが少ない。
 申し訳ないがご年配の方、特に60歳以上の方が列の渋滞に大いに貢献している可能性が高い。その理由は下記のとおりである。

@乗る電車を決めていない。
A乗る時刻も定まっていない。
B夫婦で夫が切符を購入する際に、いちいち妻に相談し、同意を得ようとする。
C現金でしか購入しようとしない。
→渋滞中にも平気で小銭を長時間探す方も居る。
D自販機で購入できる乗車券や特急券までも、みどりの窓口で買おうとする。


以上のような行動をする方の比率が高いため、必然的かつ慢性的な渋滞が起こる。Dなど特に顕著であり、長距離用の自販機は込んでおらず、たまに使われているとしても若年層が目立つ。私の3つ前に並んでいた年配の方は、JRの窓口職員より「自販機で購入が可能」であることを告げられたにも関わらず、「ここでも購入できるでしょ?」と言い返す始末である。
 ご年配世代の中にも、J-Westカードやイコカを既に導入済みの方もおいでだが、少数派に過ぎない。現に我が母親や姑にイコカを勧めても、「必要な時に切符を買えば良い、むしろ申し込み手続きの方が面倒である」と言う。残念ながら我が嫁も似たような考え方だ。
 出張の多い我々サラリーマンに比べれば、一般の方は確かに鉄道の利用頻度は高くないのは事実である。それでもイコカは手数料や年会費は無料、無期限である。またJ-Westカードは1000円の年会費がかかるもおの、例えば1回でも東京へ行けば既に得する仕組みである。ご年配の世代には「もっと柔らかい頭を持ち、時代の流れに対応して欲しい」と言うのが私の個人的な結論である。
posted by 五条裕太 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

最新医療治療で、歯のインプラントを回避

 私は小学校低学年の頃から虫歯が多く、社会人になってからは歯科に行かない年は皆無である。この春から通い始めた歯の治療で、奥歯の重傷が発覚する。その概要は下記のとおり。

@左奥歯の根っこが腐って、膿が出続けている。
A以前通っていた歯医者には延命治療を行ったが、限界だった。
B従来の歯科では、抜歯+インプラント治療が濃厚だった。

 この難問を解決したのが草津駅の近所にあるIデンタルクリニックである。こちらのI Drは常に患者とのムンテラを重視し、最新の歯の治療を患者に提供する、実に素晴らしい歯医者である。少なくとも私が治療を受けた4Drは「抜歯しかない」とさじを投げていた中、このI Drはこの難問をどのように解決したのだろうか?
 簡単にDrのストラテジ(治療戦略)説明すると、

抜歯⇒腐った根っこをメスでカット⇒抜歯した歯を修理⇒元の位置に埋め込む

とてもシンプルな治療で、簡単にできそうに素人目からは見える。Drに話を伺うと、数年前から提唱されていた治療だが、実践するDrや実績のあるDrが少ないかも知れないとのこと。
 ところがこのI Drは、若くしてこの治療を取り入れ実績を積み、実践してこられたようだ。ほんの1時間足らずでこの治療を終えたSuper Drなのである。
 私はこれまでインプラントしか無いと諦めていたのだが、頭脳が柔らかいこのI Drの的確な判断でこの自家製インプラントとも言えるこの治療を受けることができた。但し抜歯を行っているだけあって、麻酔が切れてからの痛みが少々あり、痛くてこの治療した歯で物を噛むことができない。それでも自分の歯をリユースできる喜びを感じ、I Drには非常に感謝している。
posted by 五条裕太 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

高速道路の無料化は必要か?

 この3連休中に久し振りに妹の家を訪問した際、その夫である同じ歳の義理の弟S氏との話題で、高速道路無料化の話が浮上した。私はそもそも車を所有していないこともあり、反対の立場だったが、必ずしも相手がそうだとは限らないので、様子を探ってみた。すると彼も反対の立場だったので、安心して会話が展開できた訳である。その共通認識として、

「本来時間短縮を目的とした利用者が、渋滞に巻き込まれ、その目的が達成できない」


彼は遠方の実家への帰省に、しばしば高速道路を利用するようだが、以前に比べて渋滞の頻度が増したと言う。その意見には私も同感で、本来時間短縮を目的とした人や遠方の帰省など、一般道を使うと膨大な時間を要することを避けるため、高速道路を利用する訳である。
 例えば一般道で40分で行くことが可能な目的地に、

「無料だから使わねば損である」

との意識から、10分短縮のために高速道路を使う人が多数利用したと仮定すると、

「無料だから仕方ない」

と思いつつも、きっとどこかで、

「早く着けるなら有料でも良い」

との意識が働く可能性もある。
 つまり高速道路を利用するN数が、本来の「時間短縮」を目的としない、あるいは「少しだけの時間短縮」の目的で利用する人のが大半を占めることになれば、本来の高速道路の目的が達成できないことになってしまう。
 今回のS氏との議論を通じて、「高速道路は有料を維持すべきである」ことが再認識できた。無料化の隠れたデメリットとして、

@船舶や鉄道業界の収益圧迫。
A二酸化炭素の増加。
B一般道に沿って営業する飲食業界、お土産やなどの収入源。

などの状況も起こる。
 確かに高速道路無料化は車保有者には遠出する人にとっては朗報であり、サービスエリアの店舗には収益向上に寄与すると思われるが、慢性的な渋滞を起こしては本末転倒である。総合的に考えて、むやみに無料化を推進すべきではないと、個人的に考える。
posted by 五条裕太 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

自動巻き式腕時計の難点

 私はビジネス用と休日用に腕時計を使い分けているが、両方共に太陽電池のため、暗闇に数日間腕時計を置くようなことをしない限り、電池が切れる心配をする必要は無い。ところが最近休日用の腕時計の留め金が破損し、使えなくなってしまった。そこで新たに別の腕時計を購入したのである。
 その腕時計は通常の電池や太陽電池でもなく、自動巻き式時計である。腕時計を付けている間に、腕の振りで自動的に巻かれる、いわば自転車ライトの自家発電のようなイメージである。そのため、腕時計を装着している間はなんら問題は無い。
 しかし腕から1度外してしまうと、いつの間にか止まってしまう少々厄介な腕時計である。昨晩は久し振りに早く帰宅し、夜8時過ぎに腕時計を外した。今朝起きて付けようと思ったら、朝方5時過ぎに時計の針が止まっていたのである。その間わずか9時間弱だ。このわずかな時間に時計を動かさなかっただけで、止まってしまうとは夢にも思わなかった。その後すぐに時刻を合わせ、身に付けた。 
 1〜2年に1度の電池交換の煩わしさわなく、その費用が掛からないのも有難いが、腕から外して9時間後に止まることを考えると、太陽電池の時計は実に素晴らしいと思えた。それでもこの時計はある有名デザイナーがプロヂュースした時計で、そのデザイン性が良さをメリットだと思いながら、就寝前にはネジをしっかりと巻いておこうと思う。
posted by 五条裕太 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

サントリー「Lirax」は上々の出来

 第3ビールは各社が凌ぎを削って、どんどん進化している。発泡酒がメインの私が、最近は第3ビールもよく飲むようになった。初めて第3ビールを飲んだ時は、ビールを薄めてウィスキーを足して誤魔化したような味に感じていたが、最近はこの味を見直している。 
 仕事帰りに標題にあるLiraxを始めて飲んだ。第3ビールと言えば、最近は健康を追求して「アサヒオフ」を飲むことが多かった。このLiraxもアサヒオフと同様に、糖質がゼロである。発泡酒では、アサヒの「スタイルフリー」や「キリンゼロ」があるが、どちらもアルコール濃度が低く、コクに欠けることは否定できない。キリンクリーンラベルも同様である。
 しかしこの「Lirax」は、第3ビールでありながら、7種類のホップを使い、コクを見事補っている訳である。アルコール濃度が5%を維持されているので、発泡酒顔負けの味だと言える。第3ビールでは7%のアルコール濃度を誇るアサヒ「ストロングオフ」があるが、これはビールテイストからはかけ離れ、ウィスキーの味が強いと言わざるを得ない。
 更にこの「Lirax」は、糖質だけではなく、プリン体モ随分意識し、同じ第3ビールの「金麦」の約4分の1、ビールのプレミアムモルツのなんと焼く10分の1と言う低さだ。ここまで健康を追求して、第3ビールであるのが実に嬉しい。しばらくこのテイストを楽しみたいと思う。
posted by 五条裕太 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

治療分野が拡大する循環器内科

普通循環器内科(循内科)と言えば、「詰まった心臓の冠動脈の血行再建を行う」のが本業である。しかし最近のこの分野の先生方は、

@下肢動脈・・・膝上、膝下、足の指先まで
A腎動脈・・・腎臓へ繋がる血管
B鎖骨下動脈・・・肩
C頚動脈・・・脳血管への通路  

上記のように、冠動脈以外の全身の血管を治療する訳である。かつては上記の血管は放射線科や心臓血管外科、脳外科のDrがこれらの血行再建治療を行ってきたが、ここ数年は循内科Drが積極的に治療を行っている。
 そもそも全身で最も細い血管である、心臓の冠動脈を取り扱っている循内科のDrなので、その他の血管はお手の物である。例えば@の膝上やBであれば、その他の科のDrでも治療が行えるが、下肢領域で膝下の血管やAの腎動脈など、比較的に細い血管はやはり循内科が得意とする背景がある。
 私が仕事で携わる循環器分野のDrが、アグレッシブに様々な治療に取り組み、その領域が発展するのは実に喜ばしいことである。しかしそれに伴って、我々医療器具メーカーが色々なディバイスを供給できるように、開発していかなければならないし、個々の営業マンもスキルを磨いていかなければならないことを痛感した。
posted by 五条裕太 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

大人の字を書くためのテキスト

 実は私は長年自分が書く字の汚さに悩んできた。小学校の時には4年間も習字を習っていたのだが、結局役立っていない状況だ。今はPCの時代なので、それ程字を書く機会はないが、やはり書かなければならないことがある。
 
・発送書類の宛名書き
・書類発送の際のコメント書き
・契約書関連への署名
・年賀状の裏面のコメント


思い浮かぶだけでも上記のように字を書く機会は実際に多い。
 そう言えば私の元上司は達筆で、年賀状を頂く度にその字の美しさに惚れ惚れしていた。身近な人間として、我が嫁も字が非常に上手く、この点だけはいつも脱帽である。
 やはり字が美しい人に出会うと、尊敬の念が芽生え、つい一目置いてしまう。逆にどんな素晴らしい人格の持ち主でも、字が汚なかったり幼稚だったりすると、非常に残念に思ってしまう。字が汚い自分はきっと同じように他人から見られているのかも知れない。
 この字の汚さを打開すべく、市販の大人のための字の練習帳を購入し、毎日少しずつだが練習することにした。今では子供達の夏休みの宿題に混じって、私もこのテキストで字を練習している。せめて年相応の字が書けるようになりたいものである。
posted by 五条裕太 at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

Windows XPに起き得ないことがVISTAで起こる

 先程SEESARで違う内容のブログを書いていたのだが、突然インターネットがフリーズし、全て消えてしまった。会社のPCはXPで自宅はVISTAなのだが、後者はこれまでのマイナーチェンジではなくフルモデルチェンジだったこともあり、様々な下記のような使いにくさがある。

@スタンバイが失敗に終わることが多い。
Aバッテリーが切れた時に画面が復活できない。
Bアウトルックエクスプレスが使えない。
Cネット中にフリーズを頻繁に起こす。
Dバージョンアップを行うと、返って別の障害が起こる。
E情報処理能力が遅い。


  以上のように、XPの方が断然完成度が高く、優秀だと思われる。私の個人的な意見として、マイクロソフトは現在の7の販売戦略上、欠陥が多いVISTAをあえて販売したのではないかと疑いたくなるほどである。
  上記の@やAの場合、大半は強制終了を行うので、更にPCの調子が悪くなる悪循環を起こす。スタンバイはやはり怖いので、電源を切るか、電気代が無駄でも付けっ放しすることが多い状況にある。
  ネット中のフリーズは非常に困る。一旦全てのネットを強制終了しようとするが、それにも苦戦することが多く、結局PCの強制終了をすることもたまにある。ブログを書いている際のフリーズに備え、まずはWardで文章を書き上げ、その後でそれをコピーして貼り付けたのが今回の文章である。しかも頻繁に上書き保存を繰り返し、フリーズの危機に備えた訳である。
 こんなことなら、VISTAなど購入せず、中古ショップでXPの少し前のPCを購入すれば良かったと今更ながら思っている。7にはXPを超える完成度を求めたい所だ。
posted by 五条裕太 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。